採用される動画撮影のポイントと注意点

近年よく聞かれるようになった言葉の1つに採用動画というのがあります。これは、就職を希望している学生や転職希望者に対して企業が自社の魅力などをアピールするための動画のことを意味します。若い人の間でyoutubeを始めとした動画サイトを利用するのが広まってきたことにより、学生の心を捉える採用動画を作ろうとする企業が増えてきています。採用動画といってもその内容に何が含まれるのかは企業によって異なります。企業の理念や社風を載せるところもありますし、事業内容や社員の紹介、職場の風景などを載せる企業もあります。動画は簡単に編集を行うことができるので、説明会と違って、企業ごとの目的に応じたメッセージを発信できるメリットがあります。採用動画にはどのような効果があり、活用ができるのかを探ります。

これまでにない強み持っている採用動画

これまで働いた経験が無い学生にとっては、WEB上の企業の紹介を文章と写真で見ただけで理解するのは難しいです。しかし、採用動画を使用すれば、視覚的に訴えることができ、見た学生にとっても企業に関しての理解度や関心が深まります。動画の構成やBGM、ストーリー、出演者などを工夫することで、それを見た人により印象に残るコンテンツを作成することも可能です。また、会社のイメージアップにもつなげることができます。インパクトのあるものを作ることによって、話題性に富んだものになり、知名度を上げることにもつながります、アクセス数も増えていきます。SNSを利用する人が増えていることからも、このメリットは大変大きいものです。そのことによって、より多くの学生にアプローチすることができます。

採用動画を作る際に気を付けるべきこと

採用動画を作る際に、ありきたりな内容のものにならないことが必要です。一般的に採用動画は3分から10分程度の長さのものが多いですが、その限られた時間の中で、企業についてすべてを紹介することは不可能です。企業の内容を細かく伝えるというよりも大まかに企業について紹介するもので、分かりやすく、見た人の印象に残るものを作成することが望ましいです。他社にはない魅力をどのように表現できるかによって、学生が能動的にその企業について調べようと考えるかどうかがかかっています。企業の採用活動のスケジュールに合わせて採用動画を作成する必要がありますので、作成することを決めたらなるべく早く取りかかることが必要です。特に動画作成会社に作成を依頼する場合は、早めに対応を行うことが欠かせないポイントです。

最も効果的な動画制作プランを、お客様のご予算に応じてご提案いたします。 動画を利用したマーケティング手法で数々の商品をヒットに導きます。 株式会社ARTSTECHは演出家酒井靖之設立の映像制作会社です。 代表酒井靖之は確かな実績と、まれなセンスを併せ持つ日本屈指のクリエイターです。 株式会社ARTSTECHはきれいで美しい映像だけでなく、動画戦略に特化しています。 採用動画を制作または活用したい方は必見のホームページです

2018年7月25日