今よく採用されている注目の動画

今、人材の採用活動に動画を使って自社をアピールするため、採用動画作成に力を入れる企業が増えています。会社説明会とは違い、自由に編集もでき、メッセージをシンプルに伝える事が出来ます。今や採用の動画は採用活動の大事なツールとなっています。採用されている注目の動画、新卒採用の学生が思わず見入ってしまう、魅力的な動画とは、その企業の特徴や企業カラー、メッセージ性が強いものは注目されます。社員のインタビューをして、動画にしたりそのインタビューをドキュメンタリー調にして編集すると、注目度が上がります。デザイン事務所等ではオシャレでスタイリッシュな採用動画を作成して学生の注目度をあげています。見た後にどれだけ印象に残すことが出来るかが重要になってきます。やはり、現社員の普段の仕事をする姿やインタビューが新卒採用の学生の心を動かすほど、注目される動画が多いです。

採用率をアップするための簡単な動画の撮影方法

採用率を上げるためには、ただ撮っただけの動画をそのままアップするのではなく、様々な撮影方法で魅力を伝える事が重要です。1番簡単な撮影方法はスマートフォンでの撮影です。近年では様々な動画撮影アプリがありますので、それを活用して撮影するのも1つの方法です。オシャレにコマ撮りにしたり、スローモーション撮影も可能です。カメラのオート機能を使えば、初心者の方でも簡単に動画撮影をする事が出来ます。スマートフォン用の三脚もありますので、固定して撮影する事も可能です。モノクロでおしゃれな雰囲気なものや、社内全体を歩いて日常を出してみたりする撮影方法もあります。社員のインタビューを撮影するときは少しまわりの風景をぼかして撮ると、おしゃれな雰囲気になります。やはり、社員の日常風景や社内の雰囲気を撮影している採用の動画が多いです。そのなかでいかに魅力的にするかがポイントになってきます。

動画をより魅力的にして様々な場面で採用率アップをする方法

撮影をしたら、その動画をより魅力的に、より採用率をアップするために、編集作業を行いましょう。編集作業も近年ではスマートフォン等では編集用のアプリがあり、初心者でも簡単に編集できます。動画だけでなく、静止画や会社のロゴ等も合間に入れたりして、アピールする事も出来ます。出来上がった動画は企業の自社のホームページだけでなく、動画サイトにアップするなどして、より多くの新卒学生、就職活動中の方に見てもらうのが近年の採用率アップにはかかせません。その企業に興味がある学生だけでなく、企業の説明会に来られない人や就職活動を控えた人すべてに企業の色や社員の声を届ける事が出来ます。もちろん企業説明会において動画を流し、インパクトをつける事も出来ます。動画ツールを使って、魅力的に、こころに残る動画を撮影、制作して、採用率をアップさせていきましょう。

2018年7月25日