採用されやすい適切な動画の長さ

販売促進のための動画は、他のコンテンツと比べると情報量の多さと訴求力の高さが特徴です。動画を視聴する時間は、視聴者の状態によって異なってきます。例えば、動画の商品を購入に向け視聴している場合、動画の時間はあまり気になりません。しかし、広告バナーをクリックし興味本位で動画にアクセスした場合、動画の長さはとても重要です。長過ぎると飛ばされますから適度な短さが求められます。大切なことは、短い時間の中で、動画視聴を飛ばされないよう冒頭に視聴者の関心を掴む情報アプローチがポイントとなります。加えて、視聴者に飽きられないよう効率的に伝える工夫も必要です。コンパクトな視聴時間として製作された動画を製作会社に依頼し、採用すれば最小限の販促コストで最大限の利益を生みだす可能性が期待できます。

優秀な人材の採用を後押しする動画の製作について

最近のビジネス業界は、企業紹介や販売促進等をはじめとした企業の活動において動画を有効活用し、社会や顧客へ能動的にアプローチする取組みが強化されています。動画製作に必要な機器も進化し、合わせてソーシャルメディアの普及も急速に拡大した状況下、企業は優秀な人材の採用を積極的に進めるべく、企業の風土や文化、日常的な業務活動、社員の働きがい等について動画を通して発信しています。受け手側もスマートフォンやパソコンで簡単に企業ホームページにアクセス、閲覧した際に、採用の動画視聴を通し短時間で企業の概要や活動、ワークスタイル、福利厚生等の情報が得られるため必須の時代となっています。このように動画を駆使した企業の採用活動は、優秀な人材を呼び込む重要な戦術であり、時代に対応した取組みと考えます。

募集採用の申込がアップする動画の特徴や展開について

企業の魅力を正確に伝える動画は、企業の採用活動を左右する重要なメソッドとなっています。企業はより優秀な人材を確保すべく動画製作に力を注ぎ、製作に対するニーズも多様化している様相です。就職活動を行なっている学生の立場で考えると、スマートフォン等の通信機器で手軽に企業情報を入手でき、意中の企業を知ることが可能となっています。そのため動画情報は、企業風土や働きがいも大切ですが学生はとても気にしている将来像を上手く描き、伝えることが必要です。採用後、安定的に業務従事してもらうためにも将来像は動画上、フォーカスします。最後に、採用に関する動画を充実させたとしても動画をチェックしてもらう環境を整えることが大切です。また、採用説明会への来場促進を高める施策も抜かりなく対応するよう心がけましょう。

2018年7月25日