採用者の目に止まる動画の内容とは

近年新しい採用試験の方法として、動画を用いる企業が増えています。例えば採用試験を受けるためのエントリーという過程において動画を用いる方法があります。これは動画を使って自己PRを行い、企業側はそうした動画を見てどの学生に採用試験に進んでもらうか判断する材料とします。学生たちはいかに採用担当者の目にとまる動画を撮影できるかが重要となってきます。動画は自分という人間がどのような人間なのかを撮影したり、実際に会ってみたいと思わせることが大切です。動画は必ずしも室内で撮影しなければならないというわけではありません。例えば学生時代に打ち込んできたスポーツやダンスなどを披露することもできます。撮影場所を工夫することで採用担当者の目に留まる可能性が高くなるのです。しかし目に留まりたいからといってふざけて動画を撮影してしまうと、試験の主旨からはずれてしまいはじかれてしまうため注意が必要です。

採用試験に動画を使うことで得られるメリットとは

エントリーを行う際に動画を取り入れるメリットとしては、その学生の個性を重視できるということです。これまでは学生たちはみな似たようなリクルートスーツを着用し、同じような回答をするため実際にそれぞれがどんな人柄であるかわかりづらい場合が多いです。また応募が集中するとESを読み判断するのに時間がかかってしまいますが、動画であれば1分程度と短いため短時間で学生の人柄などを判断することが可能となるのです。動画を使った採用試験は企業側だけではなく学生たちにとってもメリットはあります。字のきれいさに自信のない人はESを書く段階で非常に神経をすり減らしてしまう場合が多いですが、動画であれば文字を書く必要がないため字のきれいさで人柄が判断されることもありません。また伝えたいことを文章にしなくてもよいため形にとらわれずに自由に自己PRをすることができるのです。

採用試験に自己PRを動画で撮影するコツとは

採用試験に動画を用いている企業の試験を受ける場合、自分自身をより魅力的に見せる動画を撮影しなければなりません。まず基本的に動画を撮影する方法はスマートフォンで撮影します。カメラなどを使用して撮影することも可能ですが、カメラを使った場合送る際にパソコンを使用したりと多少手間がかかるためスマートフォンを利用するとよいでしょう。また動画を撮影する前にどんな流れで撮影するか、考えておくとよいです。ダンスやスポーツなどを披露する場合、それだけを撮影してもアピールにはなりません。しっかりとカメラに向かって話すシーンも撮影しなければなりません。また動画は面接ではないため1度撮影してみて、気に入らなければ撮り直すことができます。撮影後自分でチェックし、納得いく動画が撮れた場合、親や友人など第三者にチェックしてもらい分かりづらい部分などをチェックしてもらうことでよりよい動画になるでしょう。

2018年7月25日